専修大学附属高等学校
同好会・研究会
歴史社会研究会
●歴史社会研究会とは!?
歴史社会研究会は、2009年5月より同好会として発足しました。“歴史”にとらわれることなく、広く“社会”という視点で、生徒主体でアクティブラーナーを目指して活動しています。
●活動内容
定例日:会員の興味・関心に応じたテーマを中心に議論を行ったり、共通のテキストを用いてプレゼン、レポート作成などを実施。
課外活動:日曜日や休暇期間を利用して「横浜」「鎌倉」「浅草」などの史跡・博物館などへのフィールドワーク。毎年恒例の春合宿では「長野」「宮城」「京都」などを訪問。
文化祭:模擬店(飲食店)及び研究報告 今後のビジョン:対外的な高校生を対象とした研究会やプログラムへの積極的な参加&文化祭での企画展示及び食店の活性化/eスポーツ&ボードゲームの探究/地域活動

【活動日】
火・金・(土) ※文化祭・イベントの前は毎日活動

【活動場所】
文化部共有スペース、図書館付PCルーム、教室、校外

【合宿】
箱根・小田原散策(図書文芸部と合同合宿)
実績
【平成29年度】
教育と探求社クエストエデュケーション 参加
【平成28年度】
奈良大学全国高校生歴史フォーラム 研究レポート提出