専修大学附属高等学校
クラブ(スポーツ系)
ラグビー部
 ラグビーというスポーツは、イギリスのパブリックスクール(私立学校)で生まれ、勉強だけでなく心も体も鍛え、社会に貢献する逞しいジェントルマン/レディーを育てるスポーツです。
 我々ラグビー部は全国大会出場7回、3度の準優勝の歴史を持つ伝統ある部です。ほとんどの部員は高校からラグビーを始めた初心者ばかりで、学校の校庭も決して広くありませんが、様々な工夫をし、合宿を重ね、かつての多くの卒業生が戦った花園の地に再び立てるよう日々練習に励んでいます。近年では、平成16年度、東京都高校ラグビー春季大会10人制の部では、都立狛江高校、都立富士高校と合同チームを結成し、優勝を果たし、また、平成26年度全国7人制大会東京都予選では東京都第3位に入賞しました。
 活動は基本的に週5日行い、週末に試合が入る場合は週に4日の練習になります。通常の練習は約2時間です。校庭での練習は、他の部活と交代で使用するため1時間程度で、ボールを使った練習や、タックルなどの練習をします。校庭は広くはありませんが人工芝なので、練習後、泥だらけにならず、タックルの練習などはしやすい環境です。他の時間は、ウェイトトレーニングやランニングなどフィットネストレーニングに取り組んでいます。また、春、夏、冬の休みには合宿を行います。夏の長野県菅平高原の合宿だけでなく、神奈川県伊勢原市にある専修大学ラグビー部のグランドをお借りして合宿を行うなど、技術の向上だけでなく、集団生活を通して精神面での成長も目指しています。菅平での合宿以外は専修大学のセミナーハウスに宿泊しますので、合宿費はかなり抑えられています。
 新しい環境で高校生活がスタートします。今までに経験したことのないラグビーを始めてみませんか。ラグビーは怖い、きつい、危険などというイメージがあるかもしれません。しかし、ラグビーは無秩序で野蛮なスポーツではなく、ごまかしのない激しいぶつかり合いの中にお互いにルールを守っているからこそ成り立つスポーツという側面があり、ラグビーは少年をいち早く大人に成長させ、大人に少年の心をいつまでも抱かせるスポーツとも言われます。ラグビーは競技としてとても魅力があるのはもちろん、学校で生まれたスポーツなので、勉強も、精神面も非常に大切にするスポーツです。本校でラグビーファミリーの一員になってはいかがでしょうか。

【活動日】
月・火・水・金・土・日

【活動場所】
校庭及び和田堀公園、週末や長期休暇中は三鷹大沢グラウンド

【合宿地】
夏季一次(7月下旬)…御宿
夏季二次(8月上旬)…菅平高原
冬季(12月下旬)、春季(3月下旬)…専修大学伊勢原グラウンド
実績
【平成28年度】
春季大会 2回戦
7人制大会 予選敗退
全国大会東京都予選 1回戦
新人大会 2回戦
【平成27年度】
春季大会 3回戦
7人制大会 予選敗退
全国大会東京都予選 2回戦
新人大会 1回戦