高大連携

高大連携によって高校と大学の教育の接続が計られ、高大7年間を見据えた教育が企画されております。
かつ、受験勉強に縛られない自由な教育を通じて、大学での勉強への適性を養い、専修大学の核となるべき生徒を大学に送り出すことを目標としております。

各種高大連携プログラムについてご紹介致します。

進路選択プログラム

2年生対象

①オープンキャンパスへの参加
オープンキャンパス等の企画に参加し、自分の興味や関心、将来志向を見定めるなど、進路選択に役立ちます。
推薦入学を目指す附属高の生徒が、大学の教室で授業を受けたり、キャンパス内を自由に歩いたり、大学生気分を存分に満喫できます。

②附属フェスティバルの実施
2年生の専修大学希望者全員が生田キャンパスへ行き、各学部、学科の模擬授業を受けたり、本校卒業生である専修大学生から、大学生活について生の声を聞くことができる、本校生徒のための企画です。

3年生対象

①「TOEFL セミナー」「Tutorial English」の受講
専修大学で開講されている英語セミナーに、優先的に受講できます。大学生と一緒に授業を受け、英語力のレベルアップを目指します。

②推薦合格者各学部入門講座
専修大学に入学内定した生徒を対象に、大学の先生による、各学部の入門部分の授業が行われます。

全学年

①高校文化祭での「進学情報」ブースの解説

教育交流プログラム

1.資格講座等の受講

資格取得の目的が明確な生徒に対しては、資格試験対策講座の受講が認められています。
現在は、平成16年度より、本校生徒が専修大学の司法試験対策講座を受講し、法曹を目指し、日々勉学に励んでおります。
大学の施設を利用した法廷模擬裁判も実施されています。

法廷模擬裁判

11月12日(土)に専修大学神田校舎地下1階にある法廷教室で、毎年恒例の模擬裁判が行われた。今回は本校が“弁護士役”、専大松戸高校が“検察官役”で裁判を実施。殺人未遂事件について無罪か有罪かを争った。当日は両校白熱の弁論を繰り広げ、傍聴人として参加した約40名の生徒も、本物の裁判傍聴のような緊張感溢れる雰囲気のもと臨んでいた。結果は両校の生徒で構成される“裁判官役“の判決が無罪、傍聴人の判決も無罪と弁護士役を務めた本校の主張が認められる形となった。来年度以降も恒例行事としてのぞむと共に、高校生が法曹界に興味を持つ機会を設けていきたいです。

2.学部授業の聴講

3年生の「総合的な学習の時間」では、本校で開講される授業の他に、専修大学で開講されている授業を選択することもできます。ひと足お先に大学生の雰囲気が味わえます。

3.シンポジウムへの参加

専修大学と附属高校が連携し、教員や生徒向けのシンポジウムを行っています。
平成21年度は、大学教員および本校教員、また教員志望の大学生や本校生徒を対象に「教職シンポジウム」が行われました。

4.教科研修生の派遣

専修大学の教員志望学生を、高校の現場における様々な教育活動に「研修」という形で参加し、教職における適性について推し量られています。研修生による、授業中のサポートは生徒からも好評であり、高校、大学双方共に成果のある研修制度となっております。現在、情報科、数学科、英語科、国語科で導入されています。
また、平成28年度からは、主要科目及びホームルームの授業見学研修も実施されています。

5.専修大学留学生と附属高校生との交流

専修大学への留学生と本校生徒との交流を企画しています。これまでに行われました、留学生との交流会を紹介します。

【中国人留学生との交流会】

  1. 正月の食べ物
  2. 日本語と中国語の類似点

などについて、留学生の発表がなされ、交流を深める良い機会となりました。流暢な日本語が印象的でした。

【ベトナム人留学生との交流会】

  1. ベトナムの日常生活
  2. 日本へ留学してきた理由

など、生徒同士の活発なコミュニケーションの場となりました。留学生から本校の生徒、教員への質問もなされたようです。

【韓国人留学生との交流会】

韓国の礼儀、学生時代について、

  1. 目上の人との食事のとき
  2. 目上の人との飲み会のとき
  3. 学校の上下関係
  4. 韓国と日本の恋愛の違い

など、高校生でも楽しく参加しやすいテーマで会話を進めることができました。

【ドイツ人留学生との交流会】

ドイツ人の日常について、

  1. ドイツの建物の美しさ

など、写真をきっかけに、ドイツについて興味を持つことが出来ました。国によって生活様式がさまざまであることを実感し、日本にいながら、海外のいろんな状況を知る良いきっかけとなりました。

【スペイン人留学生との交流会】

  1. スペインの食べ物
  2. スペインの生活
  3. スペインの踊り

などについて、写真や実演を交えながら分かりやすくお話ししてくださり、参加した生徒たちはスペインの社会や文化に興味を持ったようでした。

6.部活動交流

平成22年度より、専修大学と本校の「部活動交流」が始まります。充実した大学の施設を借りての活動や、大学の学生からの専門的なアドバイスも受けられ、ますますクラブ活動が盛んになることでしょう。

保護者に対するプログラム

3年生対象

①専修大学、石巻専修大学見学会の実施

毎年保護者を対象に専修2大学の見学会を実施しています。
(写真は専修大学図書館)

 

②講演会の開催

専修大学、石巻専修大学の先生方による講演会を実施しています。

専修大学の設備の利用

学校行事で大学施設を利用する他、図書館の利用、また部活動合宿や数学合宿では大学のセミナーハウスの利用が可能です。また、法廷教室をお借りして模擬裁判体験を実施しています。
大学の施設に関しましては専修大学のホームページをご参照下さい。

成績優秀者特待生制度

高校3年間の評定平均値4.5以上の生徒の中から特別に選抜された者に与えられる特権です。それは、大学1・2年在学中に年間の授業料の半額分が支給されるという制度です。