芸術科

学習目標

1年生

芸術の幅広い活動を通して、生涯にわたり芸術を愛好する心情を育てるとともに、感性を高め、芸術の諸能力を伸ばし、芸術文化についての理解を深め、豊かな情操を養い、人格の形成を目指す。
音楽、美術それぞれの芸術体験を通じて、創造力・思考力・判断力・表現力・目標に向かって努力する力を育てる。
芸術各分野での専門性を活かし、豊かな教養や広い視野を広げると共に、芸術活動を通じて社会に貢献することのできる人間の育成を目指す。

学習上の留意点

生徒一人一人がそれぞれの興味・関心や個性を生かして、芸術と幅広く、かつ、主体的にかかわっていくことを重視します。自分の心に内在する想いを、歌や作品を通して伸び伸びと表現してみましょう。

参考

一学年全体で取り組む行事に合唱コンクールがあります。音楽の選択者が授業中心に準備を進めますが、クラス一丸となって取り組まなければ、成功はあり得ません。合唱コンクールが近づくと、美術選択者も (わずかですが)時間の一部を使って、歌の合わせを合同で行います。また、文化祭では舞台の装飾、体育祭では応援旗の制作など、美術の力を発揮する機会も多くあります。芸術科は音楽と美術のどちらかしか選択できませんが、どちらも好きで迷った人も多いと思います。授業内にできない分野でも、このような行事に合わせて思い切って自分を表現してみて下さい。

音楽科

音楽は実技科目です。歌唱時には、「表現する」ことを恥ずかしがらないで、心を解放して伸び伸びと歌いましょう。古今東西、世の中には素敵な曲が溢れています。教科書の曲を中心に、クラシックのイタリア語の歌から、ミュージカルナンバー、現代のJポップまで、皆さんが楽しく歌える曲をたくさん学んでいきます。<歌がうまくなるコツ>も伝授しますので、修得すれば、1年後には見違えるほど歌が上手くなりますよ!
また本校では、二学期には合唱コンクールを行います。新しい曲は、最初音取りに時間がかかりますが、クラス全員で取り組み、信頼し合い、団結することで、美しいハーモニーが生まれます。完成した合唱の心地良さ、素晴らしさを体感し、11月の本番では金賞を目指しましょう!

美術科

学習目標

  • 美術の幅広い創作活動を通して、あらゆる作品に触れ感性を高めるとともに、自分のメッセージを発信できる能力(表現力)を養う。
  • 身の周りの様々な素材や道具に触れ、工夫を凝らしながらものを創作する喜びをつかむと共に、生涯学び続ける姿勢と、変化に対応できる能力とを学ぶ。

【一学年(美術選択者)】実技内容―

自画像、クロッキー、陶芸(器)、イラスト、デザイン、金属加工(エッチングプレート)、木彫
生徒たちの作品(1学年 生徒作品)

土曜講座 「基礎デッサン」

将来、美術関係に進路を考えている生徒や美術に関心が高い生徒を対象に物の見方、考え方や姿勢など基礎の基礎を学びます。